PBコーディネーターとは何か?

サイト上で公開しているとおり、Absolute Infinityの相談業務の根幹は、PB(プライベートバンキング)コーディネーターの資格に則って行っています。

そもそもPBコーディネーターとは何なのか、というところにも触れつつ、Absolute Infinityが具体的にどのような業務を行っているのかといった点にも言及したいと思います。

PBコーディネーターは資産保全・資産形成の専門家

プライベートバンキングの起源は、中世以前のヨーロッパにまで遡ると言われています。
当時の不安定な社会情勢の中で、資産家の人々の財産を確実に、無限責任で保全することを目指したのがプライベートバンキングの始まりだそうです。

現代のプライベートバンクは、スイスで発展しました。
永世中立国という立ち位置と、比較的安定した通貨価値・インフレ率を維持するスイスが、資産を保全するという意味では絶好の場所だったことが関係しています。

よく、資産家の財産の保全先として「スイス銀行の口座」などという表現がありますが、これは厳密には「スイス銀行」という銀行が存在してそこに口座を持っているという意味ではなく、永世中立国スイスで資産を保全・運用しているという意味の言葉が俗語化したものです。

元来は資産の保全を目的としていたプライベートバンキングですが、現代的には単なる保全にとどまらず、積極的な資産運用手段の提供をもその業務分野となっています。
従ってPBコーディネーターに求められる資質も、さまざまな金融商品に精通したエキスパートであることが求められます。

プライベートバンキングは富裕層のためのものか?

プライベートバンキングについてある程度の知見をお持ちの方なら、PBコーディネーターの資格を使った業務とは富裕層のみをターゲットとしたものだとお考えの方も多いと思います。

率直にお答えしますと、その認識は「イエス」です
PBコーディネーターの認定機関である公益社団法人日本証券アナリスト協会も、「富裕層の様々なニーズに対応するプロフェッショナル」であると定義しています。

しかしながら、これを読んでくださっている多くの一般層の方々にとってまったくの無縁な職業かというと、そういうわけでもありません。

一つには、富裕層の定義の曖昧さが挙げられます。
富裕層とは一体、何をもってカテゴライズするのかという明確な基準はありません。
数十億の資産を持っていれば間違いなく富裕層かもしれませんが、資産総額が1億円程度の場合はどうでしょうか。
それは判断する人によってまちまちな結論になるところだと思います。

更に言えば、(これはAbsolute Infinityの独自の定義ですが、)富裕層に将来的になるであろう人の資産形成のお手伝いも、PBコーディネーターの仕事になり得ます。
先に述べたとおり、PBコーディネーターには金融商品についての広い知識が求められます。
中にはたしかに数十億円規模の資産の運用にしか向かない投資商品もあるにはあるのですが、金額の多少にあまり関係なくご提案できるものも確実に存在しています。

多くのPBコーディネーターは、たしかに既に資産家である人のみを顧客とする姿勢でいます。
しかし、Absolute Infinityのように、「その人が資産家になるまでのプロセス」を支援しているコーディネーターも、少数派ですが存在するのです

富裕層以外へのPBコーディネーターのサービス

たとえば相続についての一家の資産の保全は、近年の税制改正によって、より一般的な課題となっています。
豪邸を持っていなくても、多額の預金を抱えていなくても、相続税の納付義務者の範囲は一般的な世帯の方にも及ぶようになってきており、今後もこの傾向が続いてゆくことが予想されています。
「節税」という観点からも、資産保全の専門家であるPBコーディネーターのニーズは高まってきています。

また、ご家族で小さな会社を経営されているような方に対しても、PBコーディネーターは最適解を導くことができます。
事業承継についてや自社株の現金化など、比較的大きなお金が動くようなケースで、専門家の立場からアドバイスを行います。

PBコーディネーターは、「自社商品」というものを持ちません。
あくまで数多ある金融商品の中から最適なものをご提案するという立ち位置の職種です。

逆に金融機関などは「自社商品の中から売る」ということしかできません。
自社商品以外の金融商品に優れたものがあったとしても、金融機関はその商品の提案ができません。
このような制約に縛られることなく、顧客にとって最適なご提案ができるのも、PBコーディネーターの強みです。

Absolute Infinityの立場

既に述べたとおり、Absolute Infinityは「富裕層を作る」ということに重きをおいてお仕事をさせていただいております
今現在の資産状況がどうであれ、10年、20年先を見越して少しずつ資産形成をしていけば、ほとんどの方を「経済的に裕福」といえる状態にできると考えております。

少しの知識と実践の積み重ねが、大きな富を生みます。
それは本当に単純なことで、有利な金融商品を知っているかどうか、あるいは毎月のキャッシュフローを健全化できているかどうかなど、「お金と真剣に向き合う気持ち」があれば誰にでもできることなのです。

私たちにご相談いただくことで、経済的な面でのストレスを減らすことができる方がひとりでも多くなることを切に願っております。