為替取引(FX)とは?

コロナウィルスの影響により各国の対策、対応には毎日ニュースで目にするかと思います。
同時にコロナウィルスが経済に与えている影響を多くのみなさまが痛感しているのではないでしょうか?

世界各国の主要人物の発言は他国にも影響を及ぼし、経済を右にも左にも動かすものです。
国を超えて事業を行う企業は円高や円安という言葉に敏感なように、投資家の皆様も日々の情勢が気になると思います。

本日ご紹介する為替取引(FX)は世界各国が持つ通貨の価値の上下によって、利益を得ようとする投資の事です。
日本に居るだけではあまり感じることはないかもしれない為替の影響、実は身近なところに存在してます。
一緒に確認していきましょう。

為替の基本的な仕組み

FXに取り組むかどうかに関わらず、為替というものは資産運用していくときに知識として持っておく必要があります。

日本円だけを考えて貯蓄していくことも悪くはないですが、為替の知識を持っておくのとそうでないのとでは、資産形成に幅を出すという意味でも引き出しを持っておくという意味でも武器になるからです。

海外の株や債権の魅力が見えてくるかもしれないですし、日本の保険会社や証券会社から提供されている商品の中にも、日本円ではなく外国の通貨で運用されているものもあります。

取引する時には異なる国同士で通貨を交換する必要があり、通貨同士のレートがあります。
通貨のレートは常に需要と供給により変動しています。

これが為替相場です。

例えばアメリカにある商品が気に入って、あなたが購入しようとしたとします。
そのときに使うことができる通貨は米ドルであることがほとんどでしょう。

もしあなたが日本円しか持っていないのなら、日本円を米ドルへと交換する必要があります。
このとき商品が10ドルだったら、日本円をいくら交換したら10ドルの価値に等しいのかを決めるための指標が必要になります。
これが為替レートです。

このレートというのは外国為替市場というところで、24時間日本円が必要とされたり、手放されたりすることにより変動しています。
たくさん必要とされれば価値は上がり、手放される方が多ければ、価値は下がるとここでは覚えておきましょう。

FXとは (1)

FXは、「Foreign Exchange」の略称です。

前章でお話しした、「海外のものを購入するときに外資へと交換すること」を差しています。

例えば、1000ドル買い物をするとしましょう。
そのためにはまず日本の銀行で円をドルに両替します。
この円とドルを両替する行為を「外国為替取引」といいます。

現在の為替レートは、「1ドル=100円」と仮定しておきます。
1000ドル必要だとすると、「100円 x 1000ドル」で10万円が必要になります。
つまり10万円を1000ドルに両替する行為は、10万円で1000ドルを買うことと同じです。

「通貨の両替」と表現されたり、FXでは(ものを購入しているわけではないのに、)「売買」というので混乱しがちですが、FXでは“ある通貨である通貨の売買”をしている、と考えましょう。
買った時より売るときに高くなっていれば、その差額分が利益になる。
これがFXの基本です。

FXとは (2)

一般的にFXという言葉は、「外国為替証拠金取引」の意味でも使われています。
外国為替取引を「証拠金」で行う取引という意味です。

FXは、将来必ず決済(反対売買)することが約束された「差金決済」という決済方法を採用した取引です。

総取引額の現金(キャッシュ)の受渡しは必要とされず、売買の損益の受渡しのみで取引が完結します。

例えば、ドル/円が「1ドル=100円」のときに1000ドルの取引をするとしましょう。
本来であれば「100円×1000ドル=10万円」がなければ1000ドルを手に入れることはできません。

ここで証拠金取引の仕組みを使います。
FXは上述のとおり差金決済を採用した証拠金取引なので、総取引額(10万円)の数パーセントの証拠金を預け入れるだけで、1000ドル分の取引を行うことができます。

証拠金で取引が出来るFXは、小額から大きな投資ができるため、レバレッジが効くと言われます。
よく耳にする「レバレッジ○倍」というのは、「証拠金に対して総取引額が何倍か」を指しています。

レバレッジは25倍まで効かせることができます。
証拠金が10万円であれば「10万 x 25=250万円分」の取引ができるということですね。

大きく儲かる可能性はもちろんメリットですが、同時にマイナス幅も25倍になるというデメリットがあります。

FXとは (3)

FXの特徴のひとつに取引所が存在しないことが挙げられます。
電話やインターネットを通して、買いたい人と売りたい人の売買を行うことができます。

ですので取引レートは取引会社によって異なることがあります。

電話やインターネットを介して、事実上、マーケットが世界に無数に点在している状態のため、どこかの国が取引をしている限り、24時間取引が可能です。

基本的には土日と1月1日以外の日は常に取引が行われています。

FXで収益を得るには (1)

FXでの収益を得るということは、安く買って高く売り、そのときに出る差額を利益とするものです。
上述したとおり、マーケットは常に動いており、需要と供給で通貨の価値が決まります。

例えば、「1ドル=100円」のときに10万円で1000ドル購入し、その後、ドルの需要が高まり、1ドル110円になったとします。
10円値上がったところで、購入した1000ドルを売って、円を手に入れたら、1000ドルは11万円になります。
計算式としては、「([売却時レート]110円 - [購入時レート]100円)x 1000ドル = 1万円」、となります。

逆に購入したドルが90円に下がってしまった場合はどうでしょうか?
みなさんおわかりのとおり、1万円の損失、円に戻した時は9万円になってしまいますね。

FXで収益を得るには (2)

FXには上述した売買の差額を収益とする他にもうひとつ収益を得る方法があります。
異なる国の通貨を交換しているFXでは各国の金利が異なるため、金利の差額を調整する必要があります。

この差額をスワップポイントと言います。

高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売った場合、その通貨を持ったまま翌日に持ち越すことで、スワップポイントを受け取ることができます。
例えば、仮にドルが高金利で日本円が低金利の場合、ドルを購入することでスワップ金利を得ることができます。

しかし、上記の場合、円を買ってドルを売ろうとした場合は逆にスワップ金利を支払わなければなりません。
スワップ金利はわずかではありますが、長期的に保有することで日数分金利を得ることができることが魅力と言えます。

まとめ

本日はFXについて、基本中の基本をお話ししてきました。

需要と供給で価値が決まることから、各国の主要人物の発言がどのような影響を及ぼすのかなんとなくイメージがついたのではないでしょうか?
安全そうだなですとか、これから伸びていきそうだな、必要とされそうだなという印象が集まれば、その国の通貨は購入されて、価値が上がっていきますし、その反対であれば価値は下がっていきます。

実際にはそれほど単純な話ではないので、始める前にはしっかりとリスクを把握した上で取り組む必要があるでしょう。
少額から大きな取引ができることが魅力のFXではありますが、上述したレバレッジの効果で大金を得るのも、失うのも一瞬です。

ましてや統計上では市場参加者の3〜4割しかプラス収益になっておらず、過半数が損失を出しているというのが実際のところなのです。
また、5年連続して「利益>損失」という実績を獲得できている人は、全体の1%くらいと言われています。
とても狭き門だということです。

我々Absolute Infinityでは人生100年時代と言われるこの時代を生き抜き、2代にも3代にもわたる、資産形成、相続を考慮した、歴史ある仕組みを国内外の金融市場から取り入れて、提供させていただいております。
FXも悪くはないと思いますが、もっともっと長い期間を見据えた資産形成を考えてみませんか?